日蝕

平野啓一郎 著

現代が喪失した「聖性」に文学はどこまで肉薄できるのか。舞台は異端信仰の嵐が吹き荒れる十五世紀末フランス。賢者の石の創生を目指す錬金術師との出会いが、神学僧を異界に導く。洞窟に潜む両性具有者、魔女焚刑の只中に生じた秘蹟、めくるめく霊肉一致の瞬間。華麗な文体と壮大な文学的探求で「三島由紀夫の再来」と評され、芥川賞を史上最年少で獲得した記念碑的デビュー作品。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日蝕
著作者等 平野 啓一郎
書名ヨミ ニッショク
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2002.2
ページ数 212p
大きさ 16cm
ISBN 4101290318
NCID BA55400690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20304592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想