歌い踊る民

星野紘 著

人間はなぜ歌い踊るのか?歌い踊ることは、娯楽や芸術を超えた人の営みそのもの。ときには社会問題となり、悠久の昔のカオスをもかいまみせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 歌い踊る民(歌い踊るということ
  • 歌い踊る民の諸相)
  • 第1章 歌と踊りが当面する問題(盆踊りの場所の変容とその本来)
  • 第2章 歌と踊りの始源の姿(農耕創始の叙事歌と演技
  • 呪言と演技)
  • 第3章 歌と踊りの歴史をどう考えるべきか(折口信夫の芸能史
  • 柳田国男の芸能史観)
  • 第4章 歌と踊りの面白さとその演じ方(柳田国男の民謡論
  • 近松門左衛門とその演劇性
  • 能楽師の芸談
  • 役者の芸談
  • 風姿花伝)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌い踊る民
著作者等 星野 紘
書名ヨミ ウタイ オドル タミ
シリーズ名 遊学叢書 23
出版元 勉誠
刊行年月 2002.1
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 4585040838
NCID BA55390076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20274400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想