デザイナー・ベビー : 生殖技術はどこまで行くのか

ロジャー・ゴスデン 著 ; 堤理華 訳

その子は100パーセントの健康体で、望みどおりの性別、肌の色、容姿をしているばかりか、ついでも親が決めた時期に生まれてくる。これを従来の子づくりのリスクと不確実さを解消してくれる夢だと歓迎する人々がいる。だがその一方で赤ん坊を商品と考える人々もいる。やがて、これも繰り返してきたことだが、経済的余裕のある人間だけが手にできる恩恵となるだろう。生殖科学と「すばらしい新世界」のあいだの溝が消えていく様子を、人々は不安げに見つめている。未来はどうなるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神話と怪物
  • 2 貴重な子供
  • 3 完璧を求めて
  • 4 神の領域
  • 5 クローニングは禁止すべきか
  • 6 性別の選択
  • 7 子宮の行方
  • 8 年齢の壁
  • 9 生殖の自由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デザイナー・ベビー : 生殖技術はどこまで行くのか
著作者等 Gosden, R. G
Gosden, R. G.
堤 理華
Gosden Roger
ゴスデン ロジャー
書名ヨミ デザイナー ベビー : セイショク ギジュツ ワ ドコマデ ユクノカ
書名別名 Designer babies
出版元 原書房
刊行年月 2002.1
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 456203470X
NCID BA55367915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想