戦後補償から考える日本とアジア

内海愛子 著

「何の補償もない」「賠償はすべて解決ずみ」-アジアの戦争被害者と日本政府の主張は、いまも食い違っている。中国侵略から敗戦までの日本軍の行動に、被害者が補償を求めている。その裁判は七〇件近くにおよぶ。アジアの人たちは何を訴え、どのような主張をしているのだろうか。本書は、裁判で問われた問題点をまとめるとともに、被害者の「声」を伝えようと心がけた。その「訴え」は、戦後の日本とアジアの関係を考えるうえで、欠くことが出来ないものだからである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 今も続く補償問題
  • 2 日本政府の言う「解決済み」の賠償とは
  • 3 植民地出身者に対する差別的取り扱い
  • 4 強制労働に対する補償問題
  • 5 裁かれた「慰安婦制度」
  • 6 戦後補償裁判をめぐる新たな動き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後補償から考える日本とアジア
著作者等 内海 愛子
書名ヨミ センゴ ホショウ カラ カンガエル ニホン ト アジア
書名別名 Sengo hosho kara kangaeru nihon to ajia
シリーズ名 日本史リブレット 68
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.1
版表示 第2版
ページ数 95p
大きさ 21cm
ISBN 4634546809
NCID BA55315591
BB05594275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想