バーミヤーン、遥かなり : 失われた仏教美術の世界

宮治昭 著

二〇〇一年、イスラム原理主義勢力タリバーンによって破壊されたアフガニスタンのバーミヤーンは、人類の遺産というべき仏教遺跡だった。二大仏が聳え立ち、摩崖には無数の僧房窟や坐仏窟が穿たれており、玄奘も、この地を訪れ、「大唐西域記」にもその記述がある仏教文化繁栄の都だった。仏龕の天井や側壁に描かれた図像は、西はイラン・ササン朝の文化、東はインド・グプタ朝美術、南北は中央アジアの遊牧民の文化の影響をうけ、その流れは、中国を通じて遠く日本に至るという。本書は、仏教美術史研究者である著者が、一九六九年からの数次にわたる現地調査の成果をまとめた記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代遺跡の宝庫-アフガニスタン
  • バーミヤーンへの道
  • ヒンドゥークシュを越えて-バーミヤーンの学術調査と研究史
  • 釈迦大仏と弥勒大仏-東西の二大仏
  • 天翔ける太陽神-東大仏の天井壁画
  • 天上の彼岸世界-西大仏の天井壁画
  • バーミヤーン石窟の特徴と構造
  • 弥勒菩薩と飛天と千仏-坐仏の壁画
  • 多彩な絵画様式-石窟壁画の展開
  • カクラクとフォラディの仏教石窟
  • 東西文科交流のなかのバーミヤーン-装飾モティーフの比較を通して
  • バーミヤーンの仏教世界-弥勒菩薩と千仏と涅槃図
  • むすび-バーミヤーンから日本へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーミヤーン、遥かなり : 失われた仏教美術の世界
著作者等 宮治 昭
書名ヨミ バーミヤーン ハルカナリ : ウシナワレタ ブッキョウ ビジュツ ノ セカイ
書名別名 Bamiyan harukanari
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.1
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 4140019336
NCID BA55295723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20238510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想