悲しみの精神史

山折哲雄 著

親族を殺した北条時頼、殉死の予行演習をしていた乃木希典、乞食願望を持ち続けた松尾芭蕉、上官の罪を背負った青年学徒、そして『東京だョおっ母さん』のコースを歩いたわが母…日本人の底流に流れる「悲しみ」の旋律を描いた渾身の作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宮沢賢治の挽歌
  • 寂寥に生きた万葉人
  • 「もののあわれ」と「もののけ」
  • 『徒然草』に吹く無常の風
  • 源義経は崇らず
  • 天災は忘れたころにやってくる
  • 源実朝がみた「青女」
  • 日本の阿闍世王・北条時頼
  • 能と歌舞伎のドラマツルギー
  • 芭蕉に流れる乞食願望〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悲しみの精神史
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ カナシミ ノ セイシンシ
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.1
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4569619789
NCID BA55248031
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20241830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想