日本語に主語はいらない : 百年の誤謬を正す

金谷武洋 著

「愛らしい」「赤ん坊だ」「泣いた」-日本語の基本文はこの3種で必要十分である。英文法の安易な移植により生まれた日本語文法の「主語」信仰を完璧に論破する、すべての日本語話者、必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 モントリオールの日本語教室から
  • 第1章 日本語に人称代名詞という品詞はいらない
  • 第2章 日本語に主語という概念はいらない
  • 第3章 助詞「は」をめぐる誤解
  • 第4章 生成文法からみた主語論
  • 第5章 日本語の自動詞/他動詞をめぐる誤解
  • 終章 モントリオールから訴える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語に主語はいらない : 百年の誤謬を正す
著作者等 金谷 武洋
書名ヨミ ニホンゴ ニ シュゴ ワ イラナイ : ヒャクネン ノ ゴビュウ オ タダス
シリーズ名 講談社選書メチエ 230
出版元 講談社
刊行年月 2002.1
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062582309
NCID BA55188723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20232114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想