志ん朝の風流入門

古今亭志ん朝, 齋藤明 著

春は桜にはじまって、神楽囃子は夏祭、秋はそぞろに寂しくて、炬燵火恋しい冬となる…日本人は、季節のうつろいに心情を重ね合わせて言葉をつむいできた。色鮮やかな四季の変化、こまやかな人の情、折々の行事…失われつつある日本の「風流」を、小唄端唄、和歌俳句、芝居や物語の中の言葉から選び抜き、古今亭志ん朝が粋な調子に乗せて語る。風流ことば再発見の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春は桜にはじまって(鐘は上野か浅草か
  • 木の芽立ち
  • 目には青葉)
  • 夏の祭は走馬燈(いづれあやめかかきつばた
  • 虎が雨 ほか)
  • 秋はそぞろ寂しくて(壁に鳴き入る虫の声
  • 名月や池をめぐりて ほか)
  • 冬は二つの年の渡し舟(炬燵火恋し
  • 水の流れと人の身は
  • 歳末点描
  • 正月人事風物往来)
  • 待たれる春(節を分ける
  • 梅は咲いたか桜はまだかいな
  • 花木のかけ橋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 志ん朝の風流入門
著作者等 古今亭 志ん朝
斎藤 明
齋藤 明
書名ヨミ シンチョウ ノ フウリュウ ニュウモン
書名別名 志ん朝の日本語高座

Shincho no furyu nyumon
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.1
ページ数 279, 6p
大きさ 15cm
ISBN 4480036911
NCID BA55153263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20259074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想