自衛隊は誰のものか

植村秀樹 著

「戦力なき軍隊」の理想と現実、なしくずし再軍備、旧軍人の策動、社会党の揺れ-国民不在のまま政争の具として翻弄されつづけた半世紀を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「国家のない国に生まれたかった」
  • 第1章 戦力なき軍隊の誕生
  • 第2章 三つ巴の五五年体制
  • 第3章 五五年体制下の自衛隊
  • 第4章 惰性のなかの防衛政策
  • 第5章 基盤的防衛力構想
  • 第6章 新冷戦下の軍備拡張
  • 第7章 湾岸戦争症候群から「普通の国」へ
  • 終章 自衛隊は誰のものか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自衛隊は誰のものか
著作者等 植村 秀樹
書名ヨミ ジエイタイ ワ ダレ ノ モノ カ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2002.1
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4061495844
NCID BA5514156X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想