生命にとって酸素とは何か : 生命を支える中心物質の働きを探る

小城勝相 著

全身の細胞にくまなく行き渡り、エネルギーを供給する。-まさに酸素は、生命の活動力の源だ。だが、ひとたび活性酸素となれば、がんを引き起こし、血管を傷め、果ては老化を促進させる、厄介な敵役でもある。そんな活性酸素のアグレッシブな攻撃性を、生命は外部から侵入した細菌を殺す武器としても使っている…。一筋縄ではいかない酸素と生命の複雑な関係を、体内の化学反応の中心として捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 酸素と生命の関わり
  • 第2章 酸素とはどのような物質か?-酸素が関わる現象を見る
  • 第3章 酸素と関わる生体分子
  • 第4章 生物は酸素をどのように利用しているか
  • 第5章 細胞と活性酸素の攻防
  • 第6章 活性酸素はどんな病気を起こすか?
  • 第7章 活性酸素を利用する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命にとって酸素とは何か : 生命を支える中心物質の働きを探る
著作者等 小城 勝相
書名ヨミ セイメイ ニ トッテ サンソ トワ ナニカ : セイメイ オ ササエル チュウシン ブッシツ ノ ハタラキ オ サグル
書名別名 Seimei ni totte sanso towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2002.1
ページ数 215, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4062573571
NCID BA55104279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想