コロニー刺激因子(CSF)の臨床 : 現状と将来

元吉和夫, 浦部晶夫 編

本書は、わが国で臨床使用されているG‐CSFとM‐CSFに焦点を当てて、両CSFの臨床応用に関して、これまでの大規模二重盲検臨床試験からどのような効能が証明されたかをEBM(evidence‐based medicine)に基づいて解説した。また、現在進行している基礎および臨床研究から今後CSFがどのように臨床応用されていくのが望ましいかについて、将来を展望した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コロニー刺激因子(CSF)の基礎知識
  • 2 顆粒球コロニー刺激因子(G‐CSF)(G‐CSFの臨床応用の現況
  • G‐CSFの新しい展開)
  • 3 マクロファージコロニー刺激因子(M‐CSF)(M‐CSFの臨床応用の現況
  • M‐CSFの新しい展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コロニー刺激因子(CSF)の臨床 : 現状と将来
著作者等 元吉 和夫
浦部 晶夫
書名ヨミ コロニー シゲキ インシ CSF ノ リンショウ : ゲンジョウ ト ショウライ
出版元 日本医学館
刊行年月 2001.11
ページ数 195p
大きさ 26cm
ISBN 489044484X
NCID BA55064469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想