ひきこもる小さな哲学者たちへ

小柳晴生 著

欠乏を生きた大人たちの適応スタイル、生き方や価値観が今、子どもたちを苦しめている。豊かさが生み出す多量の商品や情報や教育のなかで、心の力と感性を求めて苦闘する子ども・若者たち。彼らが、学生相談カウンセラーに伝えたメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 豊かさを生きる力とは
  • 2章 「良い子」から「自らを恃む子」に
  • 3章 教育が足りないのか、過剰なのか
  • 4章 カウンセラーから見た「学校の七不思議」
  • 5章 「ひきこもり」は哲学である
  • 6章 「子どもという自然」とつきあう
  • 7章 不要な「生き方」をいかに捨てるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひきこもる小さな哲学者たちへ
著作者等 小柳 晴生
書名ヨミ ヒキコモル チイサナ テツガクシャタチ エ
書名別名 Hikikomoru chiisana tetsugakushatachi e
シリーズ名 生活人新書
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.1
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 4140880171
NCID BA55061835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想