脳の神秘を探る

村上富士夫, 藤田一郎, 倉橋隆 著

感覚細胞を中心に単一神経細胞で行われる信号処理についての概説、脳の形態形成や、その神経回路の形成の仕組み、視覚系についての考察といった内容。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳と神経回路の成り立ち(脳の構造
  • 脳の形態形成
  • 神経回路の形成)
  • 第2章 脳の神秘(感覚センサー:脳への信号入力
  • 細胞:膜とタンパク質
  • 神経細胞の興奮過程 ほか)
  • 第3章 知覚の脳内メカニズム-脳と心の関係の解明にむけて(脳と心
  • 脳と脳科学
  • 網膜像のあいまいさと脳による解釈 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の神秘を探る
著作者等 倉橋 隆
大阪大学創立70周年記念出版実行委員会
村上 富士夫
藤田 一郎
書名ヨミ ノウ ノ シンピ オ サグル
書名別名 No no shinpi o saguru
シリーズ名 大阪大学新世紀セミナー / 大阪大学創立70周年記念出版実行委員会 編
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2001.12
ページ数 85p
大きさ 21cm
ISBN 4872591216
NCID BA54990985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20317353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想