事例に学ぶ法医学

吉田謙一 著

法医学の法的作用に着目した新しいタイプのテキスト。法律学習者・実務家にはなじみの薄い領域であるが、多数の判例・事例を軸に親しみやすい構成とした。さらに異常死への正しい理解と対応を詳述し、医療従事者にも有意義な内容とした。法学と医学、対極に位置する両分野を融合させた意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異状死と死因決定の制度
  • 死因論:死亡診断書上の死因の考え方
  • 死体現象
  • 内因性急死・突然死
  • 労災と過労死
  • 損傷総論
  • 頭部外傷と脳出血
  • 胸腹部内臓・骨盤・脊髄損傷
  • ショックと関連する病態および塞栓症など
  • 交通事故損傷
  • 賠償医学
  • 窒息
  • 胎児・新生児・出産をめぐる諸問題
  • 児童虐待・ネグレクト
  • 異常環境
  • 中毒
  • 死亡診断書
  • 死体検案書
  • 医事法
  • 医療事故・医療過誤
  • 生命倫理
  • 鑑定
  • 血液型と多型現象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 事例に学ぶ法医学
著作者等 吉田 謙一
書名ヨミ ジレイ ニ マナブ ホウイガク
書名別名 Jirei ni manabu hoigaku
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.12
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 464108663X
NCID BA54986875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20232201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想