謎の感染症が人類を襲う

藤田紘一郎 著

エボラ出血熱、狂牛病、ウエストナイル脳炎など、今、世界のあちこちで謎の疫病が人類を蝕んでいる。そればかりか、結核、コレラ、マラリアなど、過去に制圧されたはずの病原体が、再び猛威をふるっているのだ。本書では、恐るべき微生物たちの実態を明かし、人類に対する逆襲のシナリオを大胆予測。「昨今の感染症暴発は、快適性、利便性のみを追求した人間中心主義が原因」「超清潔志向の日本人は最も抵抗力がない」と著者は指摘する。しのび寄る危機への、すぐれた分析と警告の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界のあちこちで起こる謎の感染症
  • 第2章 微生物たちの大航海時代
  • 第3章 人間中心主義と感染症の暴発
  • 第4章 消えた疾病・残った疫病
  • 第5章 流行を拡大する世界の風土病

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謎の感染症が人類を襲う
著作者等 藤田 紘一郎
書名ヨミ ナゾ ノ カンセンショウ ガ ジンルイ オ オソウ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.8
版表示 新版
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 4569617344
NCID BA5315846X
BA54986354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想