私は銀幕のアリス : 映画草創期の女性監督アリス・ギイの自伝

アリス・ギイ 著 ; ニコル=リーズ・ベルンハイム 編 ; 松岡葉子 訳

リュミエール兄弟やメリエスなど、映画の誕生を告げた輝かしい名前の陰にひとりの女性の名が隠されていた。「私はアリス、映画史のはじまりを生きた」フランスからアメリカへ、アリスは映画を撮る旅に出た。彼女はおびただしい作品を送り出したがもはや、その正確な数は誰にも分からない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヴァンセンヌの森からチリの台地への旅(サクランボのスープ
  • 太陽と喜びの二年間
  • 暗くて長い廊下 ほか)
  • 2 生まれたばかりの映画とともに(ゴーモンとの出会い
  • フォトグラフィ商会で出会った人びと
  • ゴーモン商会の設立 ほか)
  • 3 アメリカへ映画を撮りに行く(新天地アメリカへ
  • 黎明期のアメリカ映画
  • 私たちの会社・ソラックス社 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私は銀幕のアリス : 映画草創期の女性監督アリス・ギイの自伝
著作者等 Bernheim, Nicole Lise
Guy, Alice
松岡 葉子
Bernheim Nicole‐Lise
ベルンハイム ニコル=リーズ
向後 友恵
ギイ アリス
書名ヨミ ワタクシ ワ ギンマク ノ アリス : エイガ ソウソウキ ノ ジョセイ カントク アリス ギイ ノ ジデン
書名別名 Autobiographie d'une pionnière du cinéma

Watakushi wa ginmaku no arisu
出版元 パンドラ : 現代書館
刊行年月 2001.12
ページ数 233p
大きさ 27cm
ISBN 4768478204
NCID BA54985894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想