ヒトはいつ人になるのか : 生命倫理から人格へ

村松聡 著

ヒト・クローン、ES細胞、妊娠中絶と胎児…。生命科学により、いのちの境がゆらいでいる現在。ヒトと人の境界線をもう一度引き直すために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヒトの事実(ヒト・クローン
  • ES細胞とヒト胚
  • 妊娠中絶と胎児)
  • 第2部 人格の現実(人格は意識をもちうるものである
  • 人格は身体である
  • 人格は他者との関係である)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトはいつ人になるのか : 生命倫理から人格へ
著作者等 村松 聡
書名ヨミ ヒト ワ イツ ヒト ニ ナルノカ : セイメイ リンリ カラ ジンカク エ
出版元 日本評論社
刊行年月 2001.12
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4535583145
NCID BA54985431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想