ローマ人の物語  10 (すべての道はローマに通ず)

塩野七生 著

ローマの真の偉大さの源泉は、インフラストラクチャーの整備にあった-。街道、橋、水道のハード・インフラと医療、教育のソフト・インフラの両面から「ローマの本質」を描き尽くした渾身の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ハードなインフラ(街道
  • それを使った人々
  • 水道)
  • 第2部 ソフトなインフラ(医療
  • 教育)
  • 巻末カラー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ人の物語
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ローマジン ノ モノガタリ
書名別名 すべての道はローマに通ず
巻冊次 10 (すべての道はローマに通ず)
出版元 新潮社
刊行年月 2001.12
ページ数 296, 10p
大きさ 21cm
付随資料 1枚.
ISBN 4103096195
NCID BA54913714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20235652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想