自己組織化と創発の経済学 : 「日本的システム」に未来はあるか

富森虔児 著

1980年代後半以降、世界的な展開をみせている複雑系経済学および進化経済学。これらの理論に基づく日本の経済システムの形成と今後の展開にあらたな道筋を示す期待の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自己組織化と「進化」(複雑系科学革命と自己組織化論
  • 生命関係論(バイオホロニックス)的自己組織化論
  • 進化)
  • 第2部 「日本的システム」の自己組織化ドラマ-「成功」の過去とこれから(「日本的システム」の全体像-参加プレイヤーとその相互補完関係
  • 「日本的システム」の自己組織化と高度成長の創発
  • 「日本的システム」の頽落と今後の展望
  • デジタルエコノミーと創発的成長)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己組織化と創発の経済学 : 「日本的システム」に未来はあるか
著作者等 富森 虔児
書名ヨミ ジコ ソシキカ ト ソウハツ ノ ケイザイガク : ニホンテキ システム ニ ミライ ワ アルカ
書名別名 Jiko soshikika to sohatsu no keizaigaku
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2001.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 443170941X
NCID BA54895791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20233411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想