幕末の会津藩 : 運命を決めた上洛

星亮一 著

文久二年十二月、会津藩主松平容保は京都守護職として、風雲急を告げる京に入った。"薪を背負って火に飛び込むような"悲壮な決意のもと、容保と藩士は孝明天皇と都の警護に専心する。だが一橋慶喜らによる改革は実を結ばず、大政奉還、鳥羽伏見の戦いへと転落の道を辿る。幕府と運命を共にせざるを得なかった会津藩の悲劇はここにはじまった。新発見の『幕末会津藩往復文書』が明かす会津藩士の苦渋の日々とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 京都守護職
  • 第2章 激動の京都
  • 第3章 薩摩・会津同盟
  • 第4章 長州との確執
  • 第5章 禁門の変
  • 第6章 容保の政治
  • 第7章 孝明天皇崩御
  • 第8章 徳川絶対主義国家
  • 第9章 慶喜逃亡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末の会津藩 : 運命を決めた上洛
著作者等 星 亮一
書名ヨミ バクマツ ノ アイズハン : ウンメイ オ キメタ ジョウラク
書名別名 Bakumatsu no aizuhan
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.12
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 412101619X
NCID BA54876695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20245668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想