社会言語学

ルイ=ジャン・カルヴェ 著 ; 萩尾生 訳

ソシュール以降の近代言語学が言語の形態を重視してきたのに対し、社会言語学は「言語に内在する社会的性格」を解明しようとしている。はたして、社会の中で言語はどのように機能しているのか?多言語状況やクレオール語や言語政策の問題をも視野に収めて、社会言語学の来歴と、その見取図を提示した入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語の社会的概念形成へ向けての闘い
  • 第2章 言語接触
  • 第3章 言語行動と態度
  • 第4章 言語変数と社会変数
  • 第5章 社会言語学か言語社会学か?
  • 第6章 言語政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会言語学
著作者等 Calvet, Louis Jean
萩尾 生
Calvet Louis‐Jean
カルヴェ ルイ=ジャン
書名ヨミ シャカイ ゲンゴガク
書名別名 La sociolinguistique

Shakai gengogaku
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2002.1
ページ数 185, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4560058466
NCID BA54873777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想