日本の地形  7

貝塚爽平 ほか編

「火の国」九州、サンゴ礁に縁取られた南西諸島。その地形の特色と成り立ちを詳細に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総説(九州の地形・地質の概要と地形区分および研究史
  • 南西諸島の地形・地質の概要と地形区分および研究史 ほか)
  • 2 北部および中部九州(別府‐島原地溝帯
  • 別府‐島原地溝帯中心部の火山群-活動を続ける多数の火山 ほか)
  • 3 南部九州(鹿児島地溝
  • 鹿児島地溝の火山群 ほか)
  • 4 南西諸島(南西諸島周辺の海底
  • 琉球外弧 ほか)
  • 5 九州・南西諸島の地形発達史(大地形の発達史
  • 九州における第四紀の氷河性海面変化と気候変化の影響 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の地形
著作者等 町田 洋
貝塚 爽平
森脇 広
河名 俊男
長岡 信治
太田 陽子
書名ヨミ ニホン ノ チケイ
書名別名 九州・南西諸島
巻冊次 7
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.12
ページ数 355p
大きさ 27cm
ISBN 4130647172
NCID BA54872865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20235680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
九州・南西諸島 町田洋 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想