戦国のコミュニケーション : 情報と通信

山田邦明 著

「一刻も早く援軍を…」。戦国大名たちはどのようにして遠隔地まで自らの意思や情報を伝えようとしたのか。乱世の通信世界を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 風聞と注進-畠山卜山と長尾為景の交信
  • 第2話 出羽山伏-北条氏綱と長尾為景の交信
  • 第3話 密書-長尾顕景と長尾為景の交信
  • 第4話 書状の集積-白川晴綱と北条氏康の交信
  • 第5話 情報の錯綜-朝倉義景と上杉輝虎の交信
  • 第6話 飛脚の才覚-上杉謙信と佐竹義重の交信
  • 第7話 書状の重み-毛利元就と毛利隆元の交信
  • 第8話 確かな情報-北条氏政と北条氏邦の交信
  • 第9話 殿下の御意-和久宗是より伊達政宗への通信
  • エピローグ 戦国時代の情報と通信

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国のコミュニケーション : 情報と通信
著作者等 山田 邦明
書名ヨミ センゴク ノ コミュニケーション : ジョウホウ ト ツウシン
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.1
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 4642077820
NCID BA54868201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想