ヴィシー政府と「国民革命」 : ドイツ占領下フランスのナショナル・アイデンティティ

川上勉 著

"自由・平等・友愛"の共和国を否定して"労働・家族・祖国"のスローガンを掲げた知られざるもうひとつのフランス。第二次大戦下ヴィシー時代のフランス・イデオロギーに迫り、フランス像を問い直す初成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま、なぜヴィシーか
  • 第1章 「国民革命」をめぐる言説
  • 第2章 同時代の知識人の言説
  • 第3章 「国民革命」論の系譜
  • 第4章 知識人とアイデンティティの相克

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィシー政府と「国民革命」 : ドイツ占領下フランスのナショナル・アイデンティティ
著作者等 川上 勉
書名ヨミ ヴィシー セイフ ト コクミン カクメイ : ドイツ センリョウカ フランス ノ ナショナル アイデンティティ
出版元 藤原書店
刊行年月 2001.12
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 4894342669
NCID BA54862908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想