移入・外来・侵入種 : 生物多様性を脅かすもの

川道美枝子, 岩槻邦男, 堂本暁子 編

世界各地で、今何が起きているのか。日本のブラックバスから北米の日本産クズまで、第一線で活躍する内外の研究者18名が最新のデータをもとに分析・報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生物多様性はなぜ守られなければならないか-移入種問題の視点から
  • 移入種、何が問題なのか
  • 世界自然保護連合(IUCN)の侵入的な外来種に対する取り組み
  • 21世紀の植物相と移入種
  • 侵入する水生植物
  • 昆虫の世界で起こっていること
  • 魚類における外来種問題
  • 両性爬虫類の世界で起こっていること
  • 絶滅か分布拡大か-鳥たちの明日
  • 移入哺乳類はどこまで世界を変えたか
  • 法律による移入種からの防衛
  • 水際で病害虫の進入を防ぐ
  • 日本は現状の防疫対策で狂犬病の再発を防げるのか
  • 水際の防衛、危険予測は可能か
  • 移入生物とわが国の生態系保全

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移入・外来・侵入種 : 生物多様性を脅かすもの
著作者等 堂本 暁子
岩槻 邦男
川道 美枝子
書名ヨミ イニュウ ガイライ シンニュウシュ : セイブツ タヨウセイ オ オビヤカス モノ
書名別名 Inyu gairai shinnyushu
出版元 築地書館
刊行年月 2001.12
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 4806712345
NCID BA5485075X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想