先端医療のルール : 人体利用はどこまで許されるのか

ヌデ島次郎 著

臓器、受精卵、遺伝子、クローン…。何をどこまで許すのか。新たな全体の見取り図と倫理原則を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問題の原点
  • 第1章 人体は人か物か
  • 第2章 受精卵は人か物か-人はいつ生まれるか
  • 第3章 遺伝子は誰のものか
  • 第4章 人と動物との境はどうなるか
  • 終章 何を、どうなすべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先端医療のルール : 人体利用はどこまで許されるのか
著作者等 橳島 次郎
〓島 次郎
書名ヨミ センタン イリョウ ノ ルール : ジンタイ リヨウ ワ ドコマデ ユルサレルノカ
書名別名 Sentan iryo no ruru
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2001.12
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 406149581X
NCID BA5485032X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想