民族とは何か

関曠野 著

なぜ「民族」が地球上に成立し、しかも現代世界を読み解く上で欠かせない要素なのか。聖書の世界からヨーロッパの成立、現在の紛争までを明確に見通す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「民族」という厄介な言葉
  • 第2章 民族と民族主義についてのさまざまな見解
  • 第3章 最初の民族国家-英国
  • 第4章 ヘブライ人-範例的民族
  • 第5章 民族になることの困難さ-フランス革命
  • 第6章 民族になることの不可能性-ドイツの場合
  • 第7章 二十世紀-民族の世紀
  • 第8章 ロゴスとミメーシス
  • 第9章 日本人は民族たりうるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族とは何か
著作者等 関 曠野
書名ヨミ ミンゾク トワ ナニカ
書名別名 Minzoku towa nanika
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2001.12
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4061495798
NCID BA54845512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想