老化研究がわかる

井出利憲 編

多彩な老化現象の解明をめざす老化研究には、さまざまな老化の捉え方と研究の切り口がある。老化研究は、今、どこまで進んでいるのか?臨床研究、老化疾患、老化モデル動物、テロメア短縮や活性酸素などの加齢因子の研究などから、老化のメカニズムが浮かび上がってきた。さらにゲノム医科学や脳科学、再生医学から、寿命制御や寿命延長の可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概論 老化と寿命の謎を追う
  • 基本編(老化とは何かを考える
  • 老化研究の切り口)
  • トピックス編(遺伝子多型と老年医学
  • 超長寿命者の遺伝素因-百寿者調査から
  • 脳の老化と寿命制御
  • 細胞不死化・臓器再生・置換から寿命延長の可能性をさぐる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老化研究がわかる
著作者等 井出 利憲
書名ヨミ ロウカ ケンキュウ ガ ワカル
シリーズ名 わかる実験医学シリーズ : 基本&トピックス
出版元 羊土社
刊行年月 2002.1
ページ数 124p
大きさ 26cm
ISBN 4897069912
NCID BA54837740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20242603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想