大学サバイバル : 再生への選択

古沢由紀子 著

少子化に伴い二〇〇九年には、大学・短大「全入時代」がやってくる。今や定員割れは当たり前。大学の倒産も現実味をおびつつある。さらに企業など社会が大学に向ける目も厳しくなっており、若者のモラトリアムとしての大学は消滅し、中身の充実が求められている。大学間競争の激化、統合再編など「生き残り」をかけた動きも急だ。国立大学の「法人化」も間近に迫る。いままでの常識では考えられなかった状況に、大学はさらされている。大学はどこへ行こうとしているのか。変貌する大学の姿を、現場の新聞記者が多面的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学生が集まらない!
  • 第2章 「学力低下」を考える
  • 第3章 変わる学生気質
  • 第4章 揺らぐ「基盤」
  • 第5章 国立大学は変われるか
  • 第6章 合従連衡の時代
  • 第7章 岐路に立つ短大・女子大
  • 第8章 多様化する学びの形
  • 第9章 早慶戦・番外編
  • 第10章 サバイバルに向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学サバイバル : 再生への選択
著作者等 古沢 由紀子
書名ヨミ ダイガク サバイバル : サイセイ エノ センタク
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.12
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4087201228
NCID BA54834301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20308241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想