翻訳者の仕事部屋

深町眞理子 著

作品ごとに異なる人生を生きる。原作の息吹を自分の言葉を使って伝える。訳者は「役者」なのだ。手がけた翻訳は200冊以上。とにかく本が好き、人前に出るのは嫌い。考古学者のようにあれこれ調べて推理して、答えを掘りあてたときは、こたえられない。そんな翻訳稼業のあれこれを語る、待望のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私の翻訳作法(翻訳者はセンスと想像力で勝負する
  • 虚実皮膜のあいだで ほか)
  • 2 仕事机から離れて(川のある町々
  • 思い出のメルヘン『ニルスのふしぎな旅』 ほか)
  • 3 こんな本を訳したり読んだり(永遠の名探偵
  • ベーカー街で朝食を ほか)
  • フカマチ式翻訳実践講座(私の翻訳テクニック
  • たぬきでいこう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳者の仕事部屋
著作者等 深町 真理子
書名ヨミ ホンヤクシャ ノ シゴトベヤ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.12
ページ数 363p
大きさ 15cm
ISBN 4480036938
NCID BA54832452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20233850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想