新エゴイズムの若者たち

千石保 著

「自分で決めたことだから…」「自分の考えに従う…」。自己決定主義という価値観が、今や若者たちの規範になりつつある。ときにそれは、法律や道徳を無視した「ワガママぶり」を発揮する。一方で、国に貢献し、介護やボランティアに関わろうとする若者層も確実に増えてきた。日本の若者たちは、一体どこへ向かうのか?本書は、九〇年代の「ガングロ」「援助交際」「フリーター」現象から、新たな方向軸を示し始めた若者文化を検証。最新の国際比較調査をはじめ、独自のデータを分析しながら論考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新エゴイズムの誕生
  • 第1章 自己決定はどこまで認められるのか
  • 第2章 自己決定をめぐる国際比較
  • 第3章 日本の若者文化論の変遷
  • 第4章 非社会的行為をめぐって
  • 第5章 若者たちはどこへゆくのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新エゴイズムの若者たち
著作者等 千石 保
書名ヨミ シンエゴイズム ノ ワカモノタチ : ジコ ケッテイ シュギ ト ユウ カチカン
書名別名 自己決定主義という価値観
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.12
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4569619398
NCID BA54824884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想