歴史教科書の歴史

小山常実 著

ついには外交問題にまで発展した歴史教科書論争。しかし、そもそも日本の学校で使用される歴史教科書の内容がどのように変化して現在にいたるのか、という点についてはなぜか注目されてこなかった。本書では、敗戦直後の昭和二十年代の教科書から、平成十二年度使用の教科書までの中学生用歴史教科書、および「新しい歴史教科書」を丹念に検討し、教科書が日本の近代をどのように叙述してきたのか、その変遷を追う。なぜ歴史研究の成果を無視してまでも、教科書は自国の歴史を否定しようとするのか。あくまでニュートラルに教科書の叙述を辿りながら、日本人の精神をむしばむ病根の正体を抉る画期的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 まったく異なる歴史観で-敗戦直後
  • 第2章 検定教科書スタート-昭和二七〜三六年度
  • 第3章 近代日本の「肯定」-高度経済成長期
  • 第4章 「封建的日本」イメージの再浮上-経済大国時代
  • 第5章 悪玉化する日本-教科書誤報事件以後
  • 第6章 完全否定された日本の近代-平成九〜一二年度
  • 第7章 何が歴史教科書をゆがめているのか
  • 結語『新しい歴史教科書』の歴史的位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史教科書の歴史
著作者等 小山 常実
書名ヨミ レキシ キョウカショ ノ レキシ
書名別名 Rekishi kyokasho no rekishi
出版元 草思社
刊行年月 2001.11
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4794210973
NCID BA54819884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20218042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想