大型店とドイツのまちづくり : 中心市街地活性化と広域調整

阿部成治 著

自治体職員、議員、商店主、住民、コンサルタント…地域間競争を勝ち抜くための郊外大型店誘致と、一方での中心市街地の衰退。日本と同様のジレンマをめぐって苦闘する人々、せめぎ合う自治体、揺れ動く都市計画の運用実態をドイツに追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ドイツにおける大型店規制の枠組み
  • 2章 巨大ショッピングセンターの誕生
  • 3章 ツェントロ、その光と影
  • 4章 家具戦争とイケアのBプラン訴訟
  • 5章 ドルトムント商業と市街地活性化
  • 6章 ウルム都市圏における商業の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大型店とドイツのまちづくり : 中心市街地活性化と広域調整
著作者等 阿部 成治
書名ヨミ オオガタテン ト ドイツ ノ マチズクリ : チュウシン シガイチ カッセイカ ト コウイキ チョウセイ
出版元 学芸出版社
刊行年月 2001.12
ページ数 255p
大きさ 21cm
ISBN 4761522755
NCID BA5481320X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想