思想としての経済学 : 市場主義批判

竹田茂夫 著

構造改革、金融の自由化、介護保険、年金問題、…私たちの生活のすべてを包摂しようとしている市場の本質とは?法や国家と複雑に絡み合う経済の在り方を精緻に分析、既存の経済理論や金融システムの限界を指摘し、市場主義が直面する問題を明らかにする全く新しい経済学への出発点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 確率の帝国と経済理論-主流派経済学批判(市場のコントラスト
  • 確率の帝国と市場の不意打ち ほか)
  • 第2章 信用と信頼-金融のダイナミクス(「非合理性」の恐怖
  • 危機の伝染 ほか)
  • 第3章 権利と市場-福祉社会のポリティクス(介護の社会化
  • 公私の構造 ほか)
  • 第4章 模倣と権力-情報社会のポリティクス(消費者主権
  • Eマーケットにおける交渉力と共謀 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての経済学 : 市場主義批判
著作者等 竹田 茂夫
書名ヨミ シソウ ト シテノ ケイザイガク : シジョウ シュギ ヒハン
書名別名 Shiso to shiteno keizaigaku
出版元 青土社
刊行年月 2001.12
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 4791759311
NCID BA54806929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想