キリスト教と現代 : 終末思想の歴史的展開

芦名定道, 小原克博 著

変転する現代社会が生み出す不安。「個の尊厳」「かけがえのなさ」を守り、発展させていく鍵として、「終末」の地平を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 終末思想の基盤(宗教と終末思想
  • 聖書と終末思想)
  • 第2部 キリスト教思想史と終末論の展開(キリスト教終末論の誕生
  • 西欧近代と終末思想)
  • 第3部 「神の国」の諸相-黙示文学と知恵思想の交錯(イエスと「神の国」
  • 歴史の中の「神の国」)
  • 第4部 終末論の未来-生態学的終末論への道(生態学的危機とキリスト教
  • 新たな神学的潮流)
  • むすび 近未来社会への終末論的着地点(時代を映し出す鏡としての終末論
  • 終末論の可能性と展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教と現代 : 終末思想の歴史的展開
著作者等 小原 克博
芦名 定道
書名ヨミ キリストキョウ ト ゲンダイ : シュウマツ シソウ ノ レキシテキ テンカイ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.12
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 4790709116
NCID BA54797511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20244888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想