ここまできた光記録技術 : 光記録産業の巨大化へ向けて

河田聡 編著

本書は光ディスクに焦点を当てたもので、登場の背景から基礎的事項、記録方式、特徴、特性、今後の展望などにつき詳説している。この分野の専門家が光記録の過去と現状をレビューし、そこから見える余来について熱く語っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ今、光記録
  • 第2章 小型ながら高性能、光ピックアップ
  • 第3章 再生専用型光ディスク
  • 第4章 色素系光ディスク
  • 第5章 レーザ光の偏光で信号を読み取る光磁気ディスク
  • 第6章 光熱で結晶からアモルファスヘリライタブル
  • 第7章 高品質デジタル画像を記録する青紫色LD
  • 第8章 未来の光記録:近接場と3次元とさらにその先
  • 第9章 光記録技術の将来予測-専門家たちはどう考えているのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまできた光記録技術 : 光記録産業の巨大化へ向けて
著作者等 河田 聡
書名ヨミ ココマデ キタ ヒカリ キロク ギジュツ : ヒカリ キロク サンギョウ ノ キョダイカ エ ムケテ
書名別名 Kokomade kita hikari kiroku gijutsu
シリーズ名 K books series 169
出版元 工業調査会
刊行年月 2001.12
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4769312091
NCID BA5478567X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20312114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想