気管支喘息治療のストラテジー : QOL・IC・ガイドライン

宮本昭正 監修 ; 飯倉洋治, 足立満, 大田健 編

気管支喘息そのものの多くは死に至る病ではない。本人が自覚し、また治療が正しくおこなわれれば健常人とほとんどかわらない人生を送ることが可能になってきた。この点では喘息のQOLは一般的には高いといえる。しかし、QOLをさらに高めることは大切であり、今後の課題である。環境整備や空気清浄器や特殊寝具の解説もQOLの向上をめざしたものである。一方、QOLと不離不分の関係にあるのが、IC(Infomed Consent)である。患者や家族に病状を説明し、患者・家族の了解のもとに医療をおこなうことが今後は必須となるであろう。本書は、これらの事柄や方法について、いかに配慮し、いかに向上されるかなどを解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 気管支喘息とQOL評価(重症気管支喘息とQOLへの影響
  • QOL評価を目的としたQOL調査票の項目とその課題)
  • 2 気管支喘息治療におけるインフォームド・コンセント(気管支喘息におけるインフォームド・コンセントの意義
  • 小児喘息の家族に対するインフォームド・コンセントの実践
  • 喘息妊婦と出産に関するインフォームド・コンセントの実践
  • 思春期/青年期喘息のインフォームド・コンセントの実践)
  • 3 日常診療での気管支喘息ガイドラインの活かし方(ガイドラインに関するこれまでの流れ
  • 小児気管支喘息の治療・管理ガイドラインのポイント)
  • 4 QOL向上のための環境整備(QOL向上のための環境コントロール
  • 気管支喘息における環境調整グッズの実際-防ダニ布団・布団カバー、空気清浄器
  • シックハウス症候群と気管支喘息)
  • 5 喘息にまつわる環境調整グッズの紹介(気管支喘息に対する空気清浄器の効用
  • 気管支喘息に対する特殊寝具の効用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気管支喘息治療のストラテジー : QOL・IC・ガイドライン
著作者等 大田 健
宮本 昭正
足立 満
飯倉 洋治
書名ヨミ キカンシ ゼンソク チリョウ ノ ストラテジー : QOL IC ガイドライン
出版元 先端医学社
刊行年月 2001.10
ページ数 117p
大きさ 21cm
ISBN 4884070445
NCID BA54769527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想