天皇の逝く国で

ノーマ・フィールド 著 ; 大島かおり 訳

著者は、昭和天皇の病いと死という歴史的な瞬間に東京にいた。そして天皇の病状が刻々報道され、自粛騒ぎが起こるなかで、日本人の行動様式と心性、そしてそこにさまざまな形で顕在化したあまたの問題に想いを巡らせた。登場人物は、"体制順応という常識"に逆らったために、ある日突然"ふつうの人"でなくなってしまった三人-、沖縄国体で「日の丸」を焼いた知花昌一、殉職自衛隊員の夫の護国神社合祀に抗した中谷康子、天皇の戦争責任発言で狙撃された本島長崎市長と、もう一組、著者自身とその家族である。かれらの市民生活の日常にそって、問題は具体的に考えられる。著者が、みずからの個人史に重ねて描いた現代日本の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「哀のパラドックス」(詩)
  • 1 沖縄-スーパーマーケット経営者
  • 2 山口-ふつうの女
  • 3 長崎-市長

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の逝く国で
著作者等 Field, Norma
大島 かおり
フィールド ノーマ
書名ヨミ テンノウ ノ ユク クニ デ
書名別名 In the realm of a dying emperor
出版元 みすず書房
刊行年月 1994.2
ページ数 351p
大きさ 20cm
ISBN 4622036479
NCID BA54769174
BN10387467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94037857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想