公と私の社会科学

佐々木 毅;金 泰昌【編】《キム テェチャン》

公の領域と私の領域はどのような関係にあるのか。それは画然と区分できるだろうか。例えば、経済は国家との関係においては私の領域と規定されるが、個人・家庭との関係においては公の領域にある。錯綜した公と私の位置を社会科学の観点から明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発題1 公私問題の政治哲学的基本課題
  • 発題2 社会学の観点から見た公私問題-支援と公共性
  • 総合討論1
  • 発題3 経済学の観点から見た公私問題
  • 発題4 政治学の観点から見た公私問題
  • 総合討論2
  • 発展協議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公と私の社会科学
著作者等 佐々木 毅
金 泰昌
書名ヨミ コウ ト シ ノ シャカイ カガク
書名別名 Ko to shi no shakai kagaku
シリーズ名 公共哲学 / 佐々木毅, 金泰昌 編 2
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.12
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 413003412X
NCID BA54747499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20233518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想