自己を失った少年たち : 自己確認型犯罪を読む

影山任佐 著

「自分の姿が自分自身で感じ取れない」不安。"自己の病理"を抱える少年少女たちはどこへ行くのか。他者の欠如、自己の空虚感がストーカーを生み、凶悪犯罪を呼ぶ。現代人の病理を映し出す自己確認型犯罪を手がかりに、彼らの心の深い森にわけいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 深い森-「オウム事件」と『ノルウェイの森』
  • 第2章 「空虚な自己」の心理学
  • 第3章 「自己確認型」犯罪が誕生したとき
  • 第4章 「自己確認型」犯罪をよむ
  • 第5章 レゾー型人間の誕生-現代と虚ろな若者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己を失った少年たち : 自己確認型犯罪を読む
著作者等 影山 任佐
書名ヨミ ジコ オ ウシナッタ ショウネンタチ : ジコ カクニンガタ ハンザイ オ ヨム
書名別名 Jiko o ushinatta shonentachi
シリーズ名 講談社選書メチエ
出版元 講談社
刊行年月 2001.12
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4062582287
NCID BA54737688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想