アメリカ大衆小説の誕生 : 1850年代の女性作家たち

進藤鈴子 著

ベストセラーを量産し、ホーソーンも嫉妬した女性たち。文学史上から消し去られた女性作家とそのベストセラーを掘り起こし、1850年代の大衆小説の幕開けを読む。ホーソーンと女性作家との関係も追究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ大衆小説の起源-スザンナ・ラウゾン『シャーロット・テンプル』(一七九四年)とハナ・ウェブスター・フォスター『コケット』(一七九七年)
  • 第2章 アメリカ家庭小説と福音主義プロテスタンティズム-スーザン・B ウォーナー『広い、広い世界』(一八五〇年)とマライア・S.カミンズ『点灯夫』(一八五四年)
  • 第3章 「忠実な女性」から「実際的な女性」へ-メアリー・J.ホームズ『嵐と陽光』(一八五四年)とE.D.E.N.サウスワース『クリフトンの呪い』(一八五二年)
  • 第4章 隷属から自由へ-ファニー・ファーン『ルース・ホール』(一八五五年)
  • 第5章 ナサニエル・ホーソーンと女性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ大衆小説の誕生 : 1850年代の女性作家たち
著作者等 進藤 鈴子
書名ヨミ アメリカ タイシュウ ショウセツ ノ タンジョウ : 1850ネンダイ ノ ジョセイ サッカタチ
出版元 彩流社
刊行年月 2001.11
ページ数 245, 27p
大きさ 20cm
ISBN 4882027186
NCID BA54733869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20219955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想