明治日本印象記 : オーストリア人の見た百年前の日本

アドルフ・フィッシャー 著 ; 金森誠也, 安藤勉 訳

優美な自然、興趣をそそる諸芸能、無類に清潔で礼儀正しい日本人…。明治中期に訪日し、異文化にとまどいつつも、北海道から長崎まで精力的に旅を続けた著者の印象の一端である。大都市は勿論、地方の文化にも触れ、市井の民とも親しく接して、日本に魅了された彼は生涯に七度日本を訪れることになる。美術史家である著者の鋭い感性が捉えた十九世紀末の日本。挿画約百点収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の温泉場と天竜下り
  • 桜花の季節の日本-奈良・法隆寺
  • 浄土宗総本山-知恩院の祭
  • 日本旅館の不都合な戸
  • 日本の芸術-過去と現在
  • 京都の葬祭場-マルゲリート
  • 聖なる伊勢へ-熱田の扇づくり、伊勢音頭の特別公演
  • 失敗に終わった富山登山
  • 太夫の道行き-美女の祭
  • 七夕祭-俳優の埋葬、演劇史のひとこま〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治日本印象記 : オーストリア人の見た百年前の日本
著作者等 Fischer, Adolf
安藤 勉
金森 誠也
フィッシャー アドルフ
書名ヨミ メイジ ニホン インショウキ : オーストリアジン ノ ミタ ヒャクネンマエ ノ ニホン
書名別名 100年前の日本文化

Bilder aus Japan

Meiji nihon inshoki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.12
ページ数 455p
大きさ 15cm
ISBN 4061595245
NCID BA54730838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20229966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想