ヒト型脳とハト型脳

渡辺茂 著

ゴッホを、ピカソを、シャガールをあやまたず、見わけるハト。いわゆる「オウムがえし」ではなく、英語の質問に英語で答えられるオウム…。ヒトにはヒトの論理があるように、動物には動物の「アニマル・ロジック」があるにちがいない。小鳥のさえずる歌を理解できないのは、人間側の能力の問題かもしれない。ハトの脳とヒトの脳の違いとはいったい何なのか?最新の実験データから、ヒトと動物の言葉、知性、そして「心」の世界に迫ってゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アニマル・ロジック-知性はわれわれだけのものか
  • 第2章 言語はわれわれだけのものか
  • 第3章 脳の成り立ちと進化
  • 第4章 ヒト型脳
  • 第5章 ハト型脳
  • 第6章 ヒトとトリの起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒト型脳とハト型脳
著作者等 渡辺 茂
書名ヨミ ヒトガタ ノウ ト ハトガタ ノウ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.12
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4166602136
NCID BA54721054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想