株主総会運営の理論と実務

大矢息生, 高原照之 共著

株主総会は株式会社の最高機関である。今、この株主総会をめぐる経営的、社会的かつ法律的環境の変化が注目されている。その問題の中心は、"開かれた株主総会"への創造である。本書は、この開かれた株主総会を目指して、株主総会運営の問題点について端的に解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 株主総会運営の現代的諸問題-株式会社は誰のものか(株式会社は誰のもの-コーポレイト・ガバナンスの原点
  • 内部告発・株式会社は株主のもの-株主・株主総会無視で転落した悲劇の経営者
  • 株主総会運営にかかわる現代的諸問題-コーポレイト・ガバナンスの確立へ)
  • 第2編 株主総会運営の実務(株主総会はなぜ必要か
  • 小会社の株主総会運営の実務
  • 中会社の株主総会運営の実務
  • 大会社の株主総会運営の実務
  • 総会決議の瑕疵への対応
  • 利益供与の禁止
  • 株主総会はこうかわる-株主総会のIT化)
  • 第3編 株主総会のリスクレス運営 結びにかえて-リーガルリスク・マネージメントの確立(開かれた株主総会運営のためのリスクレス経営-経営と法律の一体化
  • リーガルリスク・マネージメント・システムの確立-結びにかえて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 株主総会運営の理論と実務
著作者等 大矢 息生
高原 照之
書名ヨミ カブヌシ ソウカイ ウンエイ ノ リロン ト ジツム
書名別名 Kabunushi sokai un'ei no riron to jitsumu
出版元 税務経理協会
刊行年月 2001.11
ページ数 296p
大きさ 21cm
ISBN 4419038063
NCID BA54651039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20211030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想