経済学の歴史 : 市場経済を読み解く

中村達也 ほか著

「市場経済をいかにとらえるか」という現代的課題に従って、経済思想を再解釈し位置づけ直した、新しいテキスト。近代化と市場経済の発展とともに展開してきた「経済学」を、各経済学者とその時代の課題との格闘としてとらえ、市場経済像の形成・展開という視点から描く、魅力的な試み。戦後半世紀を含む現代までをも対象に組み入れた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ経済学の歴史を学ぶか-経済学史の役割
  • 第1章 市場経済の発展と古典派経済学
  • 第2章 市場経済の総体的批判-マルクスの経済思想
  • 第3章 市場理論の形成-新古典派経済学
  • 第4章 現代の市場経済-経済学の革新
  • 第5章 現代経済学における市場経済像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の歴史 : 市場経済を読み解く
著作者等 中村 達也
井上 義朗
八木 紀一郎
新村 聡
書名ヨミ ケイザイガク ノ レキシ : シジョウ ケイザイ オ ヨミトク
書名別名 Keizaigaku no rekishi
シリーズ名 有斐閣アルマ : Specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.11
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 4641121389
NCID BA54636556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想