隣の墓 : 子規没後の根岸・子規庵変遷史

まつばらとうる 著

子規没後の根岸・子規庵変遷の全容を伝える作品。膨大な資料を丁寧に読み込み、実証的手法で史実を解明。子規研究の未開拓な領域。子規文学を支えた妹律の確かな後半生、多彩な人物が登場する数々の挿話。庵保存と遺墨流失にまつわる確執と波瀾。時代背景も活写され史実は謎解きのドラマのように展開する。子規百年忌を迎え、史実の重みが伝わって来る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子規庵はそば屋の屋号
  • 古き廬を守る
  • 遺族身辺と門弟達
  • 庵保存・事始め
  • 子規庵の春秋・主は律
  • 子規庵買い取り-『竹乃里歌』紛失
  • 子規庵改築から法人化へ-「子規庵は二階建て」
  • 法人運営-『同人』子規研究、大龍寺建碑
  • 正岡家と法人
  • 律没、没後の子規庵〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隣の墓 : 子規没後の根岸・子規庵変遷史
著作者等 まつばら とうる
書名ヨミ トナリ ノ ハカ : シキ ボツゴ ノ ネギシ シキアン ヘンセンシ
出版元 文芸社
刊行年月 2001.9
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 4835523334
NCID BA54593894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20203844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想