世界の中の明治維新

田中彰 編

明治維新とは何であったのか。維新変革は一国の視野からだけではなく、世界史の中でどう位置づけられるかが、問われなければならない。世界の国々で見られた近代への動きは、それぞれが影響し合い、その変革の理念を継受したともいえる。そうした近代化の相互関係を明らかにし、明治維新を可能にした要素と歴史過程を世界史的視野から考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本資本主義論争と明治維新(明治維新の世界史的位置
  • 明治維新と「西洋」 ほか)
  • 2 フランス革命と明治維新(日本の土地制度史における明治維新の位置
  • フランス革命と明治維新-明治維新ブルジョア革命説の再認識 ほか)
  • 3 アジアの中の明治維新(東アジアの歴史像の検討-近現代史の立場から
  • 明治維新と洋務運動-かの三十年来の論争点にふれて ほか)
  • 4 世界史の中の明治維新(世界史のなかの明治維新
  • 明治維新と日本の近代化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の中の明治維新
著作者等 Gibney, Frank B.
Latyshev, I. A.
Sommāi Huntrakūn
上山 春平
中村 政則
佐々木 寛司
桑原 武夫
河野 健二
田中 彰
芝原 拓自
藤田 敬一
遅塚 忠躬
遠山 茂樹
高橋 幸八郎
書名ヨミ セカイ ノ ナカ ノ メイジ イシン
シリーズ名 幕末維新論集 / 田中彰, 松尾正人, 宮地正人 編 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.12
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 4642037217
NCID BA54576873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想