旧石器・縄文文化

野村 崇;宇田川 洋【編】

発掘が進み、加速度的に分かった新事実。北からの視点で北海道島に生きた人々の実像に迫る。暮らしは、家はどうだったか。巨大記念物はなぜ造られた?縄文土器の美も堪能でき、旧石器発掘ねつ造事件の深層も解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 北まわりの大陸文化(北海道島の成立
  • 旧石器文化
  • 黒曜石の原産地・白滝遺跡群)
  • 2章 北海道の縄文文化(函館空港遺跡の縄文早期大規模集落
  • 大規模集落の出現-北海道南部の縄文集落
  • 縄文の家とムラそして貝塚
  • 北海道の縄文土器
  • 巨大記念物の謎を探る
  • 北辺の縄文文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧石器・縄文文化
著作者等 大島 直行
宇田川 洋
小杉 康
杉浦 重信
松田 功
武田 修
添田 雄二
畑 宏明
西脇 対名夫
赤松 守雄
野村 崇
長沼 孝
阿部 千春
高倉 純
柴田 信一
熊谷 仁志
田中 哲郎
北沢 実
書名ヨミ キュウセッキ ジョウモン ブンカ
シリーズ名 新北海道の古代 / 野村崇, 宇田川洋 編 1
出版元 北海道新聞社
刊行年月 2001.11
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 4894531763
NCID BA54506845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20302883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想