藝人という生き方 : 渥美清のことなど

矢野誠一 著

人気映画「男はつらいよ」で26年もの間、人々に親しまれた主人公・車寅次郎だが、演じた芸人・渥美清の実像は闇の中である。なぜ、彼は私生活を隠し、「寅さん」の仮面をつけ続けたのか?謎に包まれた人気芸人を分析し、深部の秘密に迫る。他、生き方自体が芸である数多の芸人達から、心豊かに暮らす知恵を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 渥美清と田所康雄と車寅次郎(巧みな売りこみ
  • 死に方も芸のうち
  • 出発の地、浅草 ほか)
  • 2 芸人という生き方(牧野周一-ひとつの批評で甦った自信
  • 五代目古今亭今輔-「わたしゃ昔から頑固でして…」
  • 七代目橘家円太郎-橘家円太郎ことしも売れず ほか)
  • 3 芸人の本、芸の本(吉岡範明「渥美清・役者もつらいよ」
  • 長谷川幸延「大阪芸人かたぎ」
  • 沢田隆治「私説コメディアン史」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藝人という生き方 : 渥美清のことなど
著作者等 矢野 誠一
書名ヨミ ゲイニン ト ユウ イキカタ : アツミ キヨシ ノ コト ナド
書名別名 藝人という生き方そして、死に方
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.11
ページ数 276p
大きさ 16cm
ISBN 4167460084
NCID BA54475107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20225994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想