形とデザインを考える60章 : 縄文の発想からCG技術まで

三井秀樹 著

百余年前に日本の造形が欧米でブームとなった。そして今、自然に学ぶことの重要性が指摘されている。縄文の紋様、茶の湯、浮世絵、江戸小紋から、アールヌーヴォーとアールデコ、機能主義、ポスト・モダン、さらにはブランドブーム、CG技術まで、歴史を振り返りつつ、形の重要性を考えてみよう。わかりやすい60章のコラムが、日本の形の秘密を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ジャポニズムの形
  • 2 紋様と装飾文化
  • 3 20世紀の様式
  • 4 形の原理と複雑系
  • 5 IT時代の形
  • 形と感性-まとめに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 形とデザインを考える60章 : 縄文の発想からCG技術まで
著作者等 三井 秀樹
書名ヨミ カタチ ト デザイン オ カンガエル 60ショウ : ジョウモン ノ ハッソウ カラ CG ギジュツ マデ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2001.11
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4582851150
NCID BA54437028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想